慶應義塾大医学医学部

サントリーグローバルイノベーションセンター

Themes 研究テーマ

慶應義塾大学医学部 教授

安井正人Masato YASUI

1964年 東京都生まれ

主な経歴

慶應義塾大学医学部卒業
医師国家試験合格(1989)
東京女子医科大学 母子総合医療センター新生児室 助手(1992)
スウェーデン王国カロリンスカ研究所 大学院博士課程(1993)
Doctor of Philosophy 取得 (1997)
米国ジョンズホプキンス大学 医学部 講師 (1997)
同大学 助教授 (2001)
慶應義塾大学 医学部 薬理学教室 教授(2006)

学位

博士(医学)

専門

薬理学、小児科学

この研究に携わるきっかけ

「水と生きるSUNTORY」というコーポレートメッセージに惹かれて!

趣味と、そのエピソード

飲み会のノリで始めたトライアスロン。3種目あるので飽きやすい自分には最適です。2年前から始めたホットヨガ。最初は男性が少なく抵抗がありましたが、今では欠かせないエクセサイズとなりました。身体をめぐる水が促進しているような気がします?特にホットヨガ直後の水泳が最高!

慶應義塾大学医学部 客員教授

相馬義郎Yoshiro SOHMA

1960年 大阪府生まれ

主な経歴

大阪医科大学 医学部医学科 卒業(1987)
大阪医科大学大学院 医学研究科 修了(1991)
英ニューカッスル大学 医学部 リサーチ・アソシエイト(1991)
大阪医科大学 医学部生理学教室 助手・講師(1993)
米国ミズーリ大学 医学部 客員教授(2002)
米国ミズーリ大学 John M Dalton心臓血管研究所 主任研究員(2004)
慶應義塾大学 医学部薬理学教室 准教授(2008)
慶應義塾大学 医学部薬理学教室 客員教授(2017)

学位

博士(医学)

専門

膜輸送生理学、チャネルの分子生理・薬理学、医学生理学分野におけるコンピュータシミュレーション

この研究に携わるきっかけ

大学院生時代から膜輸送生理の研究を行なっていたところ、7年前に安井教授からWater Biology 研究会への参加の誘いがあった。

趣味と、そのエピソード

フライフィッシング(鱒の毛鉤釣り)
鱒は、山間部の冷たい水が流れる渓流に住んでいる冷水系の魚です。彼らは、複雑に変化し続ける川の流れのなかで、エネルギー消費を最小限にしつつ、流下してくる餌の水生昆虫を最も効率よく見つけられる位置に定位します。いい鱒を釣るためには、川の流れを読んで、どこに鱒が定位しているのかを予測して、毛鉤を投げなければならず、水の流れを読む力が釣果を大きく左右します。では、数多くの複雑な形状の細胞内小器官がつまった上皮細胞の中を水はどのように流れるのでしょうか。
趣味でも、研究でも、水の流れを読むのが私の仕事です。
(写真:グレイリング12 インチ 英国コッツウォルズ コルン川にて)

慶應義塾大学医学部 特任講師

Kojic Dusan

1974年 Belgrade, Serbia 生まれ

主な経歴

医用生体工学, University of Belgrade, Serbia (2007-2011)

学位

博士

専門

Near infrared spectroscopy

この研究に携わるきっかけ

Water research is intimate to many aspects of life. It enables me to stay connected with everyday issues that concern the society by contemplating various applications of water-based approach to solving problems.

趣味と、そのエピソード

My hobby is Alpine snowboarding. I like it because it uses the technique of extreme carving, which is best described as “riding on the edge of catastrophy”. The technique combines theoretical knowledge about balancing physical forces with joy of speed and dynamics that only sports activities can provide.

慶應義塾大学医学部 助教

田中冴Sae TANAKA

1986年 兵庫県生まれ

主な経歴

東京大学 理学部生物学科動物学 卒業(2010)
東京大学大学院 理学系研究科生物科学専攻 修士課程 卒業(2012)
東京大学大学院 理学系研究科生物科学専攻 博士課程 卒業(2015)

学位

博士(理学)

専門

細胞生物学、分子生物学

この研究に携わるきっかけ

これまで私は、乾燥耐性生物「クマムシ」という生物の研究をしていました。普通の生き物は水がないと生きていけないのですが、このクマムシという生物は、カラカラに干涸びても、水を与えれば復活するという不思議な能力をもっています。このような生き物の研究をしていると、「当たり前に存在するはずの水が存在しない」という状況を考えなくてはいけません。失って初めてわかる−−−−−「水が存在しない生命体」について考えると、さまざまな疑問が浮かび上がります。「細胞の中で、水はどんな役割をもっているのだろう?」、「どうして他の物質ではなく、水でなくてはならないのだろう?」。
水という物質はどこにでもあり、非常に面白い物質なのですが、解析は容易ではありません。そこで出会ったのがアクアフォトミクスという手法でした。水についてもっと深く理解したいと思っていた私は、この手法を使って溶液中や生体内の水分子の挙動について研究をおこなうことを決めたのです。

趣味と、そのエピソード

動物園や水族館に行くのが好きです。旅行のときも、動物園・水族館にはほぼ必ず行きます。子供のころは、生き物に直接触れる水族館のタッチプールが大好きでしたが、今は、ガラスや柵越しにいろんな生き物を観察するのが好きです。大学・大学院で生物学を学んだため、さまざまな見方で生き物を見ることができるようになったからだと思います。もちろん、できることなら触ってみたいといつも思っていますが。(ちなみにムツゴロウさんこと畑正憲氏は学科の大先輩に当たります。) お気に入りの動物は、スナメリとワライカワセミです。

應義塾大学医学部薬理学教室 准教授

塗谷睦生Mutsuo NURIYA

1976年 東京都生まれ

主な経歴

東京大学理学部生物化学科 卒業(1999)
ジョンズホプキンス大学神経科学学科 博士課程修了(Ph.D. Neuroscience)(2004)
コロンビア大学、Howard Hughes Medical Institute博士研究員(2004-2007)
慶應義塾大学医学部薬理学教室 専任講師(2007-2016)
同准教授(2016)
横浜国立大学客員准教授(2012)
JSTさきがけ研究員(兼任)(2017)

学位

Ph.D. (Neuroscience)

専門

神経薬理学、多光子顕微鏡イメージング

この研究に携わるきっかけ

これまでずっと脳の研究、そして新たな切り口から脳の機能に光を当てる多光子顕微鏡の研究を行ってきました。
その中で、非神経細胞であるグリア細胞、そしてそれが制御する脳内の水環境の重要性が明らかとなり、更に多光子顕微鏡技術がその解明の鍵を握ることが分かり、現在の研究に至りました。

趣味と、そのエピソード

特に無いのですが、強いて言えば、料理と旅行などでしょうか。家族と一緒に色々なものを作って、それに合う好きなお酒と一緒に楽しむのが好きです。

慶應義塾大学医学部薬理学 助教

阿部陽一郎Yoichiro ABE

1965年 愛知県生まれ(ただけ)、茨城県育ち

主な経歴

筑波大学第二学群農林学類 卒業(1988)
筑波大学大学院修士課程医科学研究科 修了(1991)
筑波大学大学院博士課程医学研究科 修了(1997)
筑波大学基礎医学系 リサーチアソシエート(1997)
慶應義塾大学医学部薬理学 助手(1999)
慶應義塾大学医学部薬理学 助教(2007)
慶應義塾大学医学部薬理学 講師(2009)

学位

博士(医学)

専門

薬理学、分子生物学、神経科学

この研究に携わるきっかけ

筑波大学でポスドクをしていた時、新しいことにチャレンジしようと思い、実験医学に出ていた求人広告に応募し、西本征央前教授に採用されたことからアルツハイマー病研究に携わるようになりました。残念ながら西本教授は2003年に胃癌のため亡くなられてしまい、アルツハイマー病研究が続けられるかどうかという状況でした。2006年に安井正人教授が着任され、2007年より中枢神経系の恒常性の維持に関わると考えられるアクアポリン4に関する研究に従事することになりました。10年以上経過し、両研究が1つになりました。

趣味と、そのエピソード

音楽。リーマンショックの時にGibson Les Paulを買いました。

慶應義塾大学医学部 助教

石川智愛Tomoe ISHIKAWA

1989年 東京都生まれ

主な経歴

東京大学薬学部薬学科卒業(2015)
東京大学大学院薬学系研究科中退(2017)
慶應義塾大学医学部薬理学教室 助教(2017-)

学位

学士(薬学)

専門

神経生理学、中枢薬理学

この研究に携わるきっかけ

脳せき髄液の循環という観点から脳内環境を維持する仕組みを理解できないかと思い、研究をスタートしました。

趣味と、そのエピソード

ピアノを弾いている間はその曲だけに集中できる特別な時間で、一番の息抜きになっています。1つの曲を仕上げるのに時間はかかりますが、その過程で自分の音楽の世界が少しずつ広がっていくのを楽しんでいます。

サントリーグローバルイノベーションセンター 研究部 専任上席研究員

芦刈俊彦Toshihiko ASHIKARI

1956年 大阪府生まれ

主な経歴

大阪大学工学部発酵工学科卒業(1979)
大阪大学工学研究科修了(1981)
サントリー(株)入社(1981)
サントリー(株)応用生物研究室(2001)
サントリー(株)先進技術研究所所長(2001)
Florigene ltd.(オーストラリア)社長(2004)
サントリーホールディングス(株)水科学研究所所長(2009)
サントリーグローバルイノベーションセンター(株)研究部(2014)

学位

博士(工学)

専門

遺伝子工学、発酵工学

この研究に携わるきっかけ

飲料を製造販売する企業で働く者として、体に取り込まれる水が体の中をどのように巡り、どのように働くかを誰よりも科学的に知りたいと思ったから。

趣味と、そのエピソード

ゴルフと読書、そしてTVドラマ。
ゴルフは、かつてスコアがそのときの精神状態を反映していました。最近は年齢とともにハンディキャップが増え、老化のバロメーターです。
読書はサスペンスと科学ノンフィクションが中心ですが、老眼と集中力の低下で数が激減しています。好きな作家は東野圭吾。
TVドラマは海外のものをよく見ます。サスペンスですが、「メンタリスト」「パーソンオブインタレスト」「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」はお勧めです。

サントリーグローバルイノベーションセンター 水科学研究所

水間桂子Keiko MIZUMA

1964年 大阪府生まれ

主な経歴

関西学院大学文学部卒業(1987)
サントリー(株)入社 基礎研究所(1987)
洋酒事業部研究所(1996)
サントリービジネスエキスパート(株)水科学研究所(2011)
サントリーグローバルイノベーションセンター(株)水科学研究所(2013)

学位

学士(文学)

専門

嗜好科学

この研究に携わるきっかけ

これまでお酒や清涼飲料の味覚や嗜好の研究に携わってきました。その経験を活かして、水と健康に関する研究を進めていきたいと思いました。

趣味と、そのエピソード

趣味は映画観賞。新しいものをいろいろ見るというよりは、気に入った映画を何度も見てその世界に浸るのが好きです。
それと泳ぐことが好きです。時間がある時は2kmくらい泳ぎます。何も考えず誰とも話さずゆっくりと水に触れているのは、とても気持ちいいです。これも「水」ですね。

サントリーグローバルイノベーションセンター 水科学研究所 所長

渡邊礼治Reiji WATANABE

1961年 岡山県生まれ

主な経歴

京都大学工学部卒業(1984)
サントリー(株)入社 生産技術研究所(1984)
利根川ビール工場技師長(2000)
九州熊本工場技師長(2006)
三得利ビール昆山工場副総経理(2010)
サントリーグローバルイノベーションセンター(株)水科学研究所所長(2014)

学位

学士(工学)

専門

水科学に関わる領域全般、ビール醸造

この研究に携わるきっかけ

生体内の水循環や自然界の水循環を健全に保つことに貢献したいと思っています。このプロジェクトで、生体内の水循環への理解を深め、水と人間の健康との関わり合いを少しでも明らかにしていきたいと思いました。

趣味と、そのエピソード

ゴルフにハマっています。朝に練習、昼にラウンド、夜にラウンドの反省をしながらまた練習をして過ごす休日が至福の時。スコットランドのコースをハシゴする日々を夢見ています。

サントリーグローバルイノベーションセンター 水科学研究所

矢野伸二郎Shinjiro YANO

1983年 福井県生まれ

主な経歴

筑波大学大学院生命環境科学研究科地球環境科学専攻一貫制博士課程中途退学(2007)
サントリー(株)入社 水科学研究所(2007)
サントリーグローバルイノベーションセンター(株)水科学研究所(2013)
東京大学大学院工学系研究科にて博士号を取得(2015)

学位

博士(工学)

専門

水文学

この研究に携わるきっかけ

これまで地球規模での水の循環や人間による水の利用に関する研究に取り組んできました。“水を飲む”という水をめぐる最も基本的な行動が、人間に何をもたらしどんな意味を持つのかに強い興味があり、本プロジェクトに志願しました。

趣味と、そのエピソード

子供と弾くピアノのほか、スケートやスキーなどウィンタースポーツが好きです。最近はボルダリングに興味があり、一緒に行ける仲間を探しています。

サントリーグローバルイノベーションセンター 研究部

中村友美Yumi NAKAMURA

1982年 石川県生まれ

主な経歴

奈良女子大学生活環学部卒業(2005)
奈良女子大学大学院人間文化研究科修了(2008)
慶應義塾大学医学部 特別研究助教(2009)
米国ミズーリ大学コロンビア校物理学 リサーチフェロー(2010)
サントリーホールディングス(株)入社 価値フロンティアセンター(2012)
サントリーグローバルイノベーションセンター(株)研究部(2013)

学位

博士(理学)

専門

食物科学

この研究に携わるきっかけ

食物や飲料を口にした後、体内で何がおこっているかということに興味をもち、これまで味覚やイオンの輸送についての研究をおこなってきました。その経験を活かし、生命活動に不可欠かつ体内で最も多い成分である『水』の体内での挙動を捉えることで新たな価値を見出していきたいと思いました。

趣味と、そのエピソード

ヨガで心と体をリフレッシュするのが好きです。ホットヨガで毎回大量の汗をかき、大量の水を飲み、改めて体をめぐる水を感じます。
最近は、神社めぐりも好きです。神社周辺には水にまつわる場所が多く、水の多様な価値観に触れて水の尊さを感じたりします。水の景観をただただ眺めるだけの時間も好きです。

サントリーグローバルイノベーションセンター

佐藤真梨子Mariko SATO

1992年 東京都生まれ

主な経歴

慶應義塾大学薬学部 卒業(2015)
慶應義塾大学大学院薬学研究科 卒業(2017)
サントリーグローバルイノベーションセンター(株)入社 研究部(2017)

学位

修士

専門

生物学、薬理学

この研究に携わるきっかけ

多くの人が口にする水に健康効能があれば嬉しい!という思いで、H2Oというシンプルな分子が体内でどのような挙動を示しているのか興味を持ち、プロジェクトに参画しました。

趣味と、そのエピソード

体を動かすことが好きです。大学時代はラクロスをやっていましたが、社会人になりヨガやゴルフを始めました。スポーツの時は必ず水を飲み、体の中を水がめぐるのを体感しています。

サントリーグローバルイノベーションセンター

勝部諒Makoto KATSUBE

1993年 京都府生まれ

主な経歴

岡山大学農学部卒業(2016)
岡山大学大学院環境生命科学研究科修了(2018)
サントリーグローバルイノベーションセンター(株)入社 研究部(2018)

学位

修士(農学)

専門

応用生物化学、糖鎖生物学

この研究に携わるきっかけ

新しい健康価値を生み出すことを通じて、お客様の笑顔に貢献したいと思い、日々研究しています。特に、水と健康の関係に強く興味を持っており、現在は年齢に伴い変化する水分率に注目しています。研究を進めるに当たって、身体をめぐる水への理解は必須です。入社して短い未熟者ですが、周囲の助けを借りながらプロジェクトに関わっています。

趣味と、そのエピソード

陸上、ワイン、食べ歩き、カメラ、旅行など。
新しい世界を知ることが好きで、最近は紅茶の勉強を始めました。ワインも同様ですが、香り豊かな飲み物はとても面白いです。紅茶の抽出に使う水はもちろん、サントリー南アルプスの天然水です。